眼瞼下垂とたるみの違い

人気No1!目元ケアコスメ

瞼が下がる眼瞼下垂とは?

 

眼瞼下垂とは、名前の通りにまぶたが下がり、目を開けにくくなってしまう病気です。
まぶたを上げるときには、眼瞼挙筋という筋肉と動眼神経という神経のふたつを使います。

 

筋肉か神経のどちらかに異常が起きると、まぶたが上がらなくなってしまい、眼瞼下垂が起こるのです。

 

眼瞼下垂の症状が起きてしまう原因として最も多いのは、先天性によるものです。
生まれつき眼瞼挙筋の形が普通と違っていたり、遺伝によって眼瞼下垂を患って生まれてくる人もいます。

 

目の疲れ

 

片目だけが眼瞼下垂であるという人もいますし、両目が眼瞼下垂で上手く開けられないという人もいます。

 

 

また、加齢によって眼瞼下垂になってしまう人も多いです。
年齢を重ねるにつれて、全身のさまざまな筋肉が衰えていきます。

 

眼瞼挙筋も加齢によって衰える可能性があり、筋肉の衰えでまぶたが上がらなくなるのです。
年と取って目が開きにくくなったり、目が細くなったりするのは、眼瞼下垂の症状です。

 

眼瞼下垂になってくると、目が開かないため、ものが見えにくくなります。
ものを見えやすくするためにあごを上げた姿勢を取るようになったり、額にしわが寄っていたりしたら、眼瞼下垂の症状を疑ったほうが良いでしょう。

 

また、目の疲れによって眼瞼下垂を引き起こしてしまう人もいます。

 

特に、成人の疲労によるまぶたの下がりは、重症筋無力症という病気である可能性が高いので、早めに病院で診察してもらいましょう。

 

他にも、何らかの眼科手術を受けた後や脳梗塞になった後・神経の圧迫・コンタクトの長期間使用などが原因で眼瞼下垂になってしまうことがあります。

 

眼球を動かす筋肉や神経に異常が起きた場合、眼瞼下垂とともに物が二重に見える症状が出てしまうこともあります。
目の開き具合に異常を感じたら、早めに対処することが大切です。

 

 

病院に行けば、眼瞼下垂を治療してもらうことができます。
症状の状態を見ながら治療方法を決めていくことになりますが、酷い場合には手術が必要です。

 

市販の目薬などを使用して自分でどうにかしようとしているうちに、症状が悪化して手術が必要になってしまうケースもあります。
目がよく見えなくなってしまってからでは大変なので、自分でどうにかしようと思わずに、病院で診察してもらったほうが良いでしょう。
ただし、眼科手術後や脳梗塞後に起きる眼瞼下垂は自然に回復することが多いため、数か月様子を見ることになるでしょう。

 

 

たるみとはどこが違う?

 

眼瞼下垂は、まぶたが下がってきて目が開きにくくなる病気です。

 

眼瞼下垂になってしまう原因は加齢や疲労などであるため、目元のたるみと区別が付かないという人もいるでしょう。

 

目元のたるみであれば、眼瞼下垂とはまた違った対処方法になりますよね。
では、眼瞼下垂とたるみの違いはどのような点にあるのでしょうか?

 

眼瞼下垂の場合には、まぶたを上げるために使う筋肉や神経に異常が起きています。

 

そのため、症状が酷くなってくると、下がったまぶたのせいで視界が狭くなってしまいます。
物が見えにくくなることで、頭痛や肩こり・不安障害などを引き起こしてしまいます。

 

病院で手術をすることになった場合にも、まぶたの中の筋肉までいじる大掛かりな手術になります。
まぶたが下がってきているせいで日常生活に支障が出始めている場合には、眼瞼下垂の可能性が高いので、眼科を受診することをおすすめします。

 

たるみの場合には、日常生活に支障が出るほどではありません。

 

加齢によるまぶたの下がりで眼瞼下垂と診断されることはありますが、物があまりにも見えにくい・頭痛や肩こりが酷いなどの症状がなければ、眼科では眼瞼下垂と診断されないかもしれません。

 

目元のたるみが気になってしまうのであれば、美容外科などで相談してみましょう。
美容外科で行われるたるみの手術では、眼瞼下垂とは違い、まぶたの中の筋肉までいじることはありません。

 

眼瞼下垂の手術よりも気軽に受けられる手術でたるみを改善することができるので、まずは美容外科で相談してみましょう。

 

 

治療と予防方法

 

眼瞼下垂は、原因によって対処方法も異なります。

 

眼瞼下垂以外の病気が原因で眼科手術した後や脳梗塞後には、まぶたが下がって眼瞼下垂の症状が起こることがあります。

 

しかし、これらのことが原因である場合、数か月経つと自然に回復することが多いです。
そのため、手術などは行わずに数か月間様子を見ることになります。

 

手術を行わなければいけないのは、先天性の眼瞼下垂や加齢・疲労による眼瞼下垂で、日常生活に支障が出るほどの症状が起きている場合です。
視界が狭くなって物が見えにくくなるだけでなく、頭痛や肩こりなどの症状を引き起こしてしまうこともあります。
物をよく見るために姿勢も悪くなってしまうので、あまりにも症状が酷いときには思い切って手術をすることも考えてみましょう。

 

眼瞼下垂の手術には、大きく分けて3つの手術方法があります。

 

 

目の手術

 

「眼瞼挙筋腱膜前転術」

 

この手術方法では、まぶたを上げることに使われている筋肉である眼瞼挙筋と、その上にある眼窩隔膜を丁寧に剥がします。
剥がした眼窩隔膜を少しだけ前に移動させたら、眼瞼挙筋と一緒にまぶたのふちにある軟骨に固定させます。
眼瞼挙筋や眼窩隔膜を前転することで、これまでよりもまぶたが上がりやすい状態になるのです。

 

 

「眼瞼挙筋短縮術・眼瞼挙筋腱膜短縮術」

 

この方法も、1つ目の方法と同じように眼瞼挙筋を剥がし、まぶた板に前転固定させます。
似たような手術方法に感じますが、まぶたの内側の剥がす部分が異なるのです。

 

 

「前頭筋吊り上げ術」

 

この手術方法では、眉毛を上げる筋肉である前頭筋とまぶたを、特殊な糸や筋膜を使ってつなぎます。
まぶたの中をいじるのではなく、眉毛を上げることでまぶたが上がるようにする手術です。
この手術方法は、主に先天性による眼瞼下垂の人に多く用いられます。

 

 

これら3つの手術では、皮膚や筋肉を切開しています。
手軽に受けられる美容整形手術とは異なるので、病院でしっかりと説明を受けてから手術に臨みましょう。

 

目を十分に開けるようになることと、左右の目ができるだけ違和感なく対象に見えることの2点に注目して、手術方法を選んでいきたいですね。

 

 

また、日頃の習慣を改めることで、眼瞼下垂にならないように予防していきましょう。
後天性の眼瞼下垂になってしまう原因で多いのが、コンタクトレンズの長時間使用です。

 

コンタクトレンズを装着していると、どうしても目に負担がかかってしまいます。
特に、ハードレンズだと目への負担が大きいので、どうしてもコンタクトレンズを付けなければいけない人は、ソフトレンズに変えてみると良いかもしれません。
また、レンズでなくても良いときには、できるだけ眼鏡をかけるようにしましょう。コンタクトレンズの使用は、購入するときに指定された時間内で抑えられるように心掛けていきましょう。

 

他にも、目を頻繁にこすってしまうことで、眼瞼下垂になりやすくなってしまいます。
アトピーや花粉症などの症状で目がかゆくなってしまうという人は、かゆみを抑える薬を使いましょう。

 

できるだけ目をこすらず、目元の薄い皮膚に刺激を与えないことが大切です。

 

 

眼瞼下垂を予防するために目元のトレーニングをしてみましょう。

眉が動かないように意識しながらまぶたを閉じ、両目を大きく見開いたら5秒キープします。
5秒キープしたら、目を閉じてリラックスしましょう。
このトレーニングを1日数回行うことで、まぶたの筋肉を鍛えて眼瞼下垂を予防できます。

 

 

 

一撃で目尻の張りを取り戻す!ビーグレン↓