眼鏡かコンタクトか

人気No1!目元ケアコスメ

眼鏡とコンタクト 老化を進行させないのはどっち?

視力矯正器具として主流なのは、眼鏡とコンタクトレンズです。

 

最初のうちは眼鏡をかける人が多いでしょうが、眼鏡が嫌だと感じる方はコンタクトレンズに切り替えていきますよね。

 

もちろんどちらも併用している方もとても多いです。

 

目が悪いと目元のしわが増えやすい、目の老化が早いともいわれていますが、美容的観点から見るとどちらの方が良いのでしょうか?

 

眼鏡のメリットデメリット

 

眼鏡は、衛生的でとても簡単に視力矯正を行うことが出来ます。

 

眼球を傷つける心配もありませんし、目が疲れたと感じたらすぐに外すことが出来るのが最大のメリットでしょう。

 

最近は格安のメガネがどんどん増えてきて、お洒落のために眼鏡をかける人も多いですよね。

 

ファッションに合わせて複数のメガネを使い分けているという人も多いはず。

 

けれども、眼鏡はどうしても外見の印象を変えてしまいます。

 

ファッション眼鏡が増えたとはいえ、どうしても眼鏡が似合わない服装、自分は眼鏡が似合わないと感じる人は多いですよね。

 

女性であれば、眼鏡のせいで思うようにメイクが出来ないということも多いでしょう。

 

温かい食べ物を食べたときに眼鏡が曇る、お風呂場などにつけていくことが出来ないというデメリットもあります。

 

コンタクトレンズのメリットデメリット

 

コンタクトレンズは、眼球に張り付ける形で視力矯正をすることが出来ます。

 

目全体を覆うので、眼鏡のようにずれたらよく見えないということもなく、快適に生活を送ることが出来るでしょう。

 

曇ることもなく、見た目も変わりません。

 

特に左右の視力が大幅に異なる人は、コンタクトレンズの方が快適なのではないでしょうか。

 

お洒落をしたい人や、快適に生活をしたい人はコンタクトレンズの方がいいかもしれませんね。

 

しかしコンタクトレンズは毎日洗わなければいけない、手が眼球に触れるので衛生面に不安があるなどのデメリットがあります。

 

一日使い捨てのコンタクトレンズだと毎日のケアは不要ですが、金額がかさみます。

 

眼鏡よりも値段が高いのも、コンタクトレンズのデメリットの一つですよね。

 

人によってはコンタクトレンズを装着することが出来ない、目が疲れてもすぐに外すことが出来ない、常に装着することは不可能なのも、コンタクトレンズのデメリットでしょう。

 

目のためには眼鏡が一番

 

目のためにも、目のしわを作らないためにも、眼鏡の方が良いといわれています。

 

疲れたときにすぐに外せるので目の負担を軽減できるのが最大のポイントでしょう。

 

定期的に裸眼でいる時間を作ることで、目の疲れが軽減されしわになるのを防ぎます。

 

しかし目のしわを気にする女性は、眼鏡による化粧崩れ、レンズによる目が小さく見える現象を防ぎたいという人も多いですよね。

 

もしどうしてもコンタクトレンズを使いたいという人は、目が乾燥しないようにしっかりと美容液でケアをしましょう。

 

目元用美容液を使うことで、コンタクトレンズによって疲れた目のケアを行い、しわが出来るのを防ぎます。

 

もちろん眼鏡愛用者も、視力低下により目のしわ、目の老化を防ぐために、日々のアイケアがおすすめです。

一撃で目尻の張りを取り戻す!ビーグレン↓