シワ改善にコラーゲンは効果がない?

人気No1!目元ケアコスメ

コラーゲンでシワは消えない?間違いだらけの摂取方

 

コラーゲン

 

乾燥や加齢によりシワは増えてしまうものですが、その対策としてコラーゲンを取り入れる方も多いのではないでしょうか。

 

ですがコラーゲンではシワが消えるということはありません。

 

最近ではよくコラーゲン配合のサプリメントやドリンクなどがたくさんありますが、これらを摂取しても体内でアミノ酸に変えられたんぱく質として吸収されるのでコラーゲンは増えることはありません。

 

またコラーゲンの分子は大きいため真皮まで届かないので肌に塗ったからといってコラーゲンが補えるわけではないのです。

 

コラーゲンを肌から取り入れるためには低分子化されたコラーゲンを取り入れることが重要です。

 

またコラーゲンだけではなく、潤いを保つヒアルロン酸やハリを保つエラスチンなども一緒に配合されているものを取り入れるとさらに効果も期待できるでしょう。

 

コラーゲンは食べた方が取り入れやすいイメージがありますが、体内で取り入れることはできません。

 

またコラーゲン分子の大きさにも注意が必要ですし、単体では浸透してもその力を発揮する効果も半減してしまいます。

 

間違った方法ではコラーゲンの無駄な摂取となってしまうので、必ず正しい方法で効果が発揮できるような取り入れ方をしましょう。

 

 

 

芸能人もすすめる飲み物に入れるコラーゲンの効果

 

コラーゲンを摂取するためにドリンクタイプやサプリメントなど口から摂取するものがたくさんあり、コマーシャルなどでもよく見られるようになりました。

 

特に最近では芸能人の方もすすめている粉末タイプのものなどがあり、飲み物に加えて摂取できるコラーゲンなどもあります。

 

ただ粉末コラーゲンを口から摂取したとしても効果期待することはできません。

 

まずその理由として挙げられるのが、コラーゲンは経口摂取では取り入れることができないからです。

 

コラーゲンは口から体内に入ると胃でアミノ酸に分解されます。そこからたんぱく質へと変わり体内に取り入れられるのです。コラーゲンを口から摂取してもそのままコラーゲンとしては吸収されないのです。そのためコラーゲンを食べたり、飲み物に溶かして摂取しても効率よく摂取することができないため効果が期待できないのです。

 

まずコラーゲンを効率よく取り入れたいのであれば、何も加工されていないコラーゲンを肌から取り入れることの方が効果もより期待ができるでしょう。

 

コラーゲンは分子量も大きいため、浸透することが難しいと言われていましたがここ最近では低分子化されたものやナノカプセルを利用したものなどもあるので、真皮まで届きやすい製品も増えています。

 

まずは経口摂取から見直し、効果が期待できる方法で取り入れましょう。

 

 

 

コラーゲン入りクリームの効果

 

経口摂取では取り入れることができないコラーゲンも、コラーゲン入りクリームなどで肌から取り入れることができれば肌のシワ対策もできますよね。

 

ですがコラーゲンも肌から取り入れるためには、注意しなければならないのです。

 

まずコラーゲンが行き着かなければ効果が発揮されない場所は、肌の奥深くにある真皮です。

 

この真皮に届いてこそ効果が期待できるものであって、表面に止まってしまっても効果は期待することができません。

 

ではなぜ効果が期待できない場合があるのでしょうか。

 

それはコラーゲン分子の大きさにあります。

 

肌の角質層をすり抜けるにはコラーゲンはちょっと大きいため、なかなか真皮まで通り抜けることができずたいていのコラーゲン入りクリームは肌の表面で留まってしまいます。

 

また低分子化されたコラーゲンは加水分解されるなど何かしら加工されているのでそのままダイレクトに効果が発揮できない場合もあるのです。

 

効果が期待できるのは本当にそのままのコラーゲンであり、浸透するために工夫されたコラーゲンなのです。

 

コラーゲン入りクリームの全てがきちんと効果が期待できるものとは言い切れません。

 

しっかりと真皮まで浸透できるコラーゲンを選び、効果を実感しましょう。

 

 

一撃で目尻の張りを取り戻す!ビーグレン↓