40代を過ぎてからのアイメイク

人気No1!目元ケアコスメ

40代を過ぎてからのアイメイク

 

40代のアイメイク

 

年齢とともに目元にもたるみやシワが出来始めるので、アイメイクには気を使いますよね?

 

しかし、最近流行の若い子たちと同じようなアイメイクを真似すると、とんでもない状態になってしまうので注意したいものです。

 

若く見せたいからと言って若いメイクをそのまま取り入れてしまうと、逆に老けて見え損することになりかねないので、40代を過ぎた人のアイメイクは隠したい部分をきちんと隠しながら流行も取り入れるメイクが合っています。

 

 

まず大切なのは、メイク前にきちんと目元専用のケアを行うことで、それによって血行が促進されくすみが消えアイメイクの色がきれいに出るようになります。

 

キレイな色のアイシャドウを使っても、なぜか自分だけくすんで汚い色になる事ってありますよね?それは目元の皮膚の色がくすんでいるからで、下地をしっかり作ることでアイメイクはいつもよりも上手くできるはずです。

 

 

付けまつ毛を使いたい場合は、なるべくナチュラルな物を選び、あまりにもボリュームがある物は避けましょう!目元の皮膚のたるみがあると、アイラインはとても引きにくくなるので、ペンシルタイプの物よりもリキッドタイプがおすすめです。

 

あまり太く引いてしまうと古臭い印象になってしまうので、まつ毛の間を埋めるようになるべく細き引くのがコツで、しっかりメイクをしているのに自然に見えるというメイクが40代からは必要かもしれません。

 

 

40代のアイケア

 

40代になるとアイメイクをする際に若いころのようにはいかないな・・・と感じるものです。

 

たるみやシワが出始めるため、アイラインもガタガタになってしまったり、せっかく引いたラインがたるんで皮膚に隠れて見えなかったりと、今まで通りにはいかないくなるのです。

 

そこで、とても大切なのがアイケアなのです!顔のホワイトニングや保湿はしっかりするけれど、目元は特に何もしていないと言う人が意外と多いのです。

 

目元はとても年齢が出やすい部分なので、毎日しっかりケアすることでハリのある目元をキープすることができるのです。

 

 

目元専用のクリームとして人気なのがビーグレンですが、これを毎日のケアに使うことでシワが目立たなくなりたるんだ皮膚も張りを取り戻します。

 

また、マッサージも取り入れると血行が良くなり目元のくすみが解消され、メイクののりが格段に良くなるのでおすすめで、このくすみがなくなると老けて見えた目元がクリアになり、若々しい印象を与えることができるようになるのです!

 

若いころは何もしなくてもハリがある目元ですが、40代からはケアを早く始めた人ほど老化を遅らせることができるようになるので、人に差をつけるためには毎日のアイケアを心かげましょう!

 

 

一撃で目尻の張りを取り戻す!ビーグレン↓